宝石職人
田村有弘
Scroll

宝石職人の田村 有弘と申します。

ウェブサイトをご覧頂きありがとうございます。

現在、東京・御徒町の小さなアトリエで宝飾品を制作しています。

一点物の宝飾品を手造りする職人のことを「錺」カザリと呼びます。

江戸時代に帯留め、簪を制作する職人を錺職人と呼んだ名残りです。

そんな「錺」に憧れ、自分自身が納得する宝飾品を制作してみたい…そんな単純な想いから、

宝石製造メーカーの営業職から職人の世界に飛び込みました。

物を作る職人は、形という潔いひとつの答えで勝負をしています。

使い手が幸せになることを考え、伝統を受け継ぎながら、

新しいチャレンジを繰り返しています。

田村有弘

Craftsmanship

現代の技術と、職人として大切な昔ながらの手仕事を融合する事で、

新しい価値を持った作品が生まれると考えます。

最先端の技術、古来の技術、どちらを優先するわけでなく、

あくまでも制作の道具のひとつと位置付け、より美しいジュエリーを制作していきたいと思っています。